上山口駅


駅名:上山口(かみやまぐち, Kamiyamaguchi)

所在地:兵庫県有間市上山口

駅番号:A08

キロ程:9.8km

駅構造:高架駅

ホーム:2面3線

開業年月日:1998年3月14日

駅係員配置時間:7:00~22:00

 

 


概 略

1998年、下山口駅~中野駅間の一部が高架化されるとともに新設開業した。兵庫県・有間市・有間電鉄の三者が連携して進める「有間・六甲観光拠点整備事業」により、パーク・アンド・ライド用駐車場や観光案内所の整備が一体的に推進された。北摂有間ニュータウン中央地区・東地区・南地区のいずれにも近いため、有間温泉・六甲山への観光客のみならず地域住民にとっても重要な駅である。開業時から2面3線で、当駅より有間温泉方面は単線となる。

2012年にはコンビニ、弁当屋、土産物屋などが出店する「アスカレイドやまぐち」がオープンした。これは有電初のエキナカ施設であり、連絡口で係員に切符を提示(ICカードはタッチ)することにより改札内からでも出入りができる。

 

駅周辺情報

【ブロッサムヴィレッジ】

上山口駅より北側、国道176号線の向こう側の台地を開発した住宅街。

弥生が丘、たちばな台、さくら台の各街区からなる。

 

【ブッシュヴィレッジ】

上山口駅より南側、有間川の向こう側の台地を開発した住宅街。

しらかば台、あすなろ台の各街区からなる。

 

【アスカレイドやまぐち】

高架下の空間を利用して2012年にオープンした。三田駅ビルの「アスカレイドさんだ」と異なり、有電初のエキナカ施設をコンセプトとしてコンビニ、弁当屋、土産物屋などが出店している。改札内の連絡口で係員に切符またはICカードのチェックを受けることで出入りができる。