デ300形

旧型電車の走行機器を受け継いで、より長い年月を走り抜けた車体更新車。


有間温泉に客足が戻ってきた昭和30年代、有電では新型車両製造が検討されたものの、当時運用していたデ100形・デニ200形(以下「旧型電車」とする)をすべて置き換えるには多大な費用と時間が必要でした。木材を使用した旧型電車の車体が日を追うごとに老朽化する一方、走行装置は日頃の入念な手入れもあって替えの部品がある限りは引き続き使用できる状態でした。そこで構体だけでも取り替えようと計画されたのがデ300形です。神戸の川崎車輌(現・川崎重工業車両カンパニー)で製造した構体を道場車庫において旧型電車の走行装置とドッキングして、1958年から1960年までに6両の旧型電車が生まれ変わり、装いを新たに再びスタートを切りました。

 

輸送需要の変動に応じて編成両数を調整する旧型電車時代からの運用思想を引き継いでいますが、混雑時に対応できるよう2両1組の片運転台車両と1両のみで運用可能な両運転台車両の両方が製造されました。

普通鋼製となった車体は側面窓配置d1(1)D5D(1)1d、前面は中央にある貫通扉の両側に窓を配する三面構造であり、後に登場するデ500形も同じスタイリングとなっています。客室は紺色モケット張りのオールロングシートで、天井にいくつか扇風機を備えています。

内外装こそ一新されましたが、乗り心地や騒音は旧型電車そのものです。

主電動機は出力増強など最小限の整備を行い、制動装置(非常弁付き直通空気ブレーキ)や台車(日車D型)はそのまま移設。登場当初はパンタグラフも旧型車譲りでしたが、三菱電機がパンタグラフの製造を中止してからはデ500形と同じ東洋電機製造のパンタグラフに交換されました。昭和50年代にはデ600形との併結運用を可能とするためデ500形とともにブレーキの改造工事を受けたものの、デ600形と比べて非冷房である上に走行音も騒々しいため利用客の評判はあまり良くありませんでした。

 

それでもデ300形としてデビューしてから約30年、ルーツとなるデ100形・デニ200形から数えると60年以上もの間、有電の輸送力として多大な貢献をしました。1986年3月1日、1500Vへの昇圧により廃車。有電を草創期から支え続けてきた吊り掛け駆動の旧型電車は名実ともに姿を消しました。