デ500形


登場時のデ500形
登場時のデ500形

1950年代に入り有間温泉と六甲山の観光開発が進む中、有電は依然として戦前製の旧型電車(デ1形・デ100形・デニ200形)を運用し続ける状況にありました。自家用車が普及していない当時において鉄道は手軽な移動手段として重宝される存在ではあったものの、いずれ快適な自家用車や大型バスが普及すればそちらに流れてしまうのは自明でした。有電は利用者の目に見える改革として「車両近代化」を推進する方針を決定し、旧型車両のうち半鋼製車体のデ100形・デニ200形は新造した車体に走行装置を移植する「車体更新」を、木造車体のデ1形については廃車の上で完全新造車で置き換える「車両新造」の施策を行うこととしました。本項で紹介するデ500形は後者の施策により実現したものです。

一方で、高度経済成長の最中にあった阪神間各地域では過密化と公害による住環境の悪化が問題となり、有電の走る有間市南部は住宅・工場の移転地として大規模な造成計画が浮上していました。仮に有電沿線が計画通りに大住宅団地・大工業団地となれば抜本的な輸送力増強は不可避であり、その一策として架線電圧の昇圧による列車本数と編成両数の増加が提案されました。昇圧対策を施していない車両は昇圧後の使用が一切できないため、本形式は将来の輸送改善を見据えて昇圧に対応できる仕様としました。

旧型車両の車体更新(デ300形)が完了した1960年から1962年までに2両編成4本が製造されました。


車体と台車は川崎車輌に発注されましたが、電装品については三菱電機から一転し、東洋電機製造が担当しました。これは当時、三菱電機による新型駆動システム(WNドライブ)が有電で採用している狭軌(1067ミリ。レールの間隔によって規格が定められている)で実用するレベルにまでは完成しておらず、対する東洋電機製造では狭軌車両での実用化に成功(中空軸平行カルダン駆動方式)していたことから、東洋への発注に至ったものです。ただしブレーキ装置については従来車との併結運用を考慮して、戦前に引き続き三菱電機のシステムを採用しました。車体は車体更新車であるデ300形を概ね踏襲し、後述する昇圧対策にも関連して片運転台車と両運転台車が製造されました。

 

デ500形(501~504)

片運転台構造の制御電動車で、ク550形とペアを組んで2両編成で運用される。

制御装置、主電動機、集電装置を備える。

 

ク550形(551~554)

片運転台構造の制御付随車で、動力のあるデ500形とペアを組む。

デ500形に無い雑多な補助装置を備える。

 

デ510形(511~514)

両運転台構造の制御電動車で、1両のみで運用できる。

制御装置、主電動機、集電装置、その他補助装置を備える。

 

制御電動車のデ500形とデ510形は搭載する制御装置の型番が互いに異なっており、これが昇圧対策の鍵となっています。2両の制御装置は600V時には同じ動作を行いますが、1500Vへ昇圧する際は2両を1組に組成し、一方は集電装置を撤去した「低圧車」、もう一方は存置した「高圧車」とします。2両は電気回路の組み替えによって制御装置が一体化し、昇圧後も難なく走ることができます。この方式は「親子昇圧方式」や「おしどり昇圧方式」と呼ばれ、昇圧を見据えた車両で採用された方式の一つです。

 

車内は戦前の花形車両であったデ100形の設計思想を引き継ぎ、観光客の利用に重きを置いています。

家族・友人のグループ旅行を想定して4人が向かい合わせに着席できるボックスシートを扉間に配置し、扉周辺はロングシートとなっています。しかしモータリゼーションによって観光利用が低迷すると、2扉構造や車内移動がしにくい座席配置にマイナスイメージが台頭し、600形登場後は通勤・通学利用を考慮してオールロングシートに改造されました。この時ブレーキ装置も600形と併結できるように新型の電磁直通ブレーキ(HSC-D)へ改造しています。

 

北摂有間ニュータウンが入居を開始して間もない1982年、有電は「有間電気鉄道総合革新計画」を発表。

昇圧による列車の編成両数と運転本数増加、新型車両の開発・投入や複線化など、ローカル鉄道から都市近郊鉄道への脱皮を打ち出した本計画においてはイメージチェンジも重要な戦略とされました。そこで500形の501-551編成と502-552編成を対象に試験塗装を施し、利用者と社員にアンケート調査を行って新型車両に採用する塗装を決定することにしました。結果、501-551編成に施されたプラムとオレンジの帯を用いた塗装が選ばれ、1986年登場の700形及び従来車両の新塗装として採用されました。 

 

1986年の昇圧直前に、デ500形・ク550形の2両編成にデ510形を連結して3両編成1本としました。この時にデ510形のパンタグラフは撤去され、デ500形と接する三田方の運転台は閉鎖されました。先見性のある設計が功を奏し昇圧後も営業運転を続けたものの、2ドア構造が災いして混雑時の乗降がしにくいという利用者の苦情が続出しました。車両は製造から30年前後であり適切なメンテナンスを行えば引き続き使用することもできましたが、乗降時間の延びで列車に遅れが発生するのは定時運行が売りの鉄道事業において致命的です。そこで本形式は新たに設計された4ドア構造の800形で置き換えることが決定され、1994年春に全車両が廃車となりました。