700形

輸送改善計画の要として生まれた新世代型車両


登場当初の第1編成(上段の車両)は灯具の形状や塗装に若干の差異があった
登場当初の第1編成(上段の車両)は灯具の形状や塗装に若干の差異があった

1970年代より始まった北摂有間ニュータウンの開発が中盤を迎えた1982年、有電はニュータウンの足として相応しい輸送サービスの提供を目指す輸送改善計画「有間電気鉄道総合革新計画」を発表しました。利便性向上を目的とした複線化と架線電圧の1500Vへの昇圧、新型車両の投入、新駅設置、軌道改良などの各種施策が盛り込まれた本計画は現在の有電を形作るきっかけとなりました。

 

車体は軽量性と耐食性に優れるアルミニウム合金で造る予定でしたが、走行機器(特にVVVFインバータ制御装置)の価格が車両製造費用を圧迫したため止む無く従来車両と同一の普通鋼が使用されています。車体長は20メートルへと大型化され、1列車あたりの輸送力は大幅に向上しました。

制御電動車の700形と中間付随車の770形で3両編成(Mc-T-Mc':2M1T)を組成し、制御装置には有電初となるVVVFインバータを、ブレーキ装置は応答性とメンテナンス性に優れる電気指令式ブレーキ(回生ブレーキ・発電ブレーキ併用)を初採用しました。製造は川崎重工業が受注していますが、台車(積層ゴムブッシュ片側支持式ボルスタレス台車)は近畿車輛の製品です。

 

700形(制御電動車:701-708)

有間寄りが奇数号車(701~)、三田寄りが偶数号車(702~)となっています。走行装置として制御装置(VVVFインバータ・1C4M2群方式)、主電動機(かご形三相誘導電動機)、発電ブレーキ用抵抗器、下枠交差式パンタグラフを搭載。保安装置はJR線乗り入れに対応するATS-S形を搭載していましたが、現在は改良型であるATS-SW形をベースに有電が1999年に導入したATS-SA形を搭載しています。

 

770形(中間付随車:771-774)

700形に挟まれる形で組み込まれる中間車。走行以外で使う電気を供給する補助電源装置(SIV:静止型インバータ)、扉の開閉や非常ブレーキに用いる圧縮空気を作る電動空気圧縮機(CP:コンプレッサー)をそれぞれ2基搭載しています。単独での走行はできませんが、快適な輸送サービスを実現するためには欠かせない車両です。

 

先頭車の前面は大型ガラスを用いた傾斜角のあるデザインで、窓の内側に行先表示器と種別灯が組み込まれています。行先表示には「宝塚」や「大阪」といったJR線の駅名も収録されていましたが、現在はJR線に直通する運用が無いため撤去されています。窓の下には前照灯と尾灯をコンビネーション化した灯具が配置され、貫通扉が廃されたため従来車両よりスッキリとした顔立ちとなっています。塗装配色は事前に従来車両に施した新塗装の候補から公募で決定したものを採用、ジャスミンホワイトを基調にオレンジとプラム(ともに有間温泉の温もりをイメージ)を用いています。特に700形の側面、乗務員室直後の戸袋部で交錯する塗り分けは700形の「7」や有間の「ア」をモチーフにしたとも言われます。

 

1986年2月に量産先行車として第1編成(Mc701-T771-Mc'702)が川崎重工業兵庫工場で製造され、3月の昇圧後に試運転を開始しました。VVVF装置から発せられる高周波ノイズが線路沿いの通信・電気機器に与える影響を確認するため、試運転は入念に繰り返され営業運転は翌年の4月からとなりました。

客室内は通勤・通学利用を念頭にロングシートを主体としながらも、有間温泉への観光客の利用も考慮して車端部にはボックスシートが配置されました。内張り(化粧板)と天井は明度の高いアイボリーホワイト色、床は薄い茶色として、落ち着いた印象に仕上げられました。

1987年度の設備投資計画により3編成の量産車が登場し、1988年4月に開幕した21世紀田園都市博覧会(ホロンピア'88)での観客輸送を担いました。また、当時JR福知山線(宝塚・大阪方面)への直通運転が検討されていたことから運転台は国鉄213系電車と同じ縦横軸併用ツインレバー方式を採用し、一時期は直通運転のシミュレーション(試運転)としてJR大阪駅まで入線したものの、諸事情により営業運転に就くことは叶いませんでした。一部編成の車内にはテーブルの取り付け金具、マイク・スピーカー端子、家庭用コンセントが備えられ、貸切利用にも対応しています。最近はこの装備を利用した「バル列車」や「クリスマス列車」など各種お楽しみ列車を企画、運行することで有電の活性化に貢献しています。