制服と職員の解説


制 服

男性社員は官帽・上着・スラックス、女性社員はハイバック帽・上着・ラップキュロットスカートを着用する。

 

【冬服】

ブラックを基調にしたスーツ型。有電のコーポレートカラーであるプラム(赤紫色)とオレンジを随所に取り入れている。

 

【夏服】

鉄道会社では珍しいボタンダウンシャツである。防透・吸汗・速乾に優れた生地を使用している。

 

【合服】

 長袖シャツにネクタイを着用し、上着は省略したスタイル。春と秋の季節によく見かける。

 

 

 


イラストは「亀岡電気鉄道倶楽部」を運営する麦の人さまより頂戴しました。

この場を借りて、心より御礼を申し上げます。

乙倉 かえで 

・有間運輸所に所属する運転士。20代。

・高校卒業後、運輸現業係員Ⅱ枠(将来の運転士候補生)として有間電鉄に入社。

・駅員、車掌、車両検修係として経験を重ね、入社から約3年後に晴れて運転士となった。

・実家は有間温泉で宿泊業を営む。家業は妹と弟が継ぐ予定。

・社内報の編集委員を務めており、職場の仲間と取材に行くこともある。