有電グループ

有間電鉄の関連会社


株式会社ありでんマルシェ

本社所在地である有間市を中心に社名と同名のスーパーマーケットチェーンを展開している。

「良質良価」をスローガンに地元産の肉や野菜を取り扱うなど地産地消の取り組みを行っており、中堅層をメインターゲットとしていることから他のスーパーより高級品の品揃えが豊富である。最近はコンビニエンスストアと生鮮スーパーの機能を兼ね備えた「ありでんデイリーマルシェ」の出店を進めているが、これは商圏であるニュータウンの少人数世帯化やコンビニエンスストアの爆発的な増加に対応する新たな業態として誕生したものである。ありでんマルシェが有電沿線や北播磨地域に点々と展開していることに対し、ありでんデイリーマルシェでは初めて京阪神の都市部(オフィス街など)に進出。お手軽サイズの惣菜やスイーツを取り揃えることで少人数の顧客層から根強い支持を得た。

 

六甲山有間観光株式会社

旧・有電観光開発株式会社。2001年に阪神電気鉄道との共同出資で設立され、六甲山上と有間温泉に点在する観光施設及び六甲ケーブル、有間六甲ロープウェーの運営を行っている。2路線あるロープウェーは総延長5kmと日本一長いロープウェーとして有名である。

 

有電ホテルアンドリゾート株式会社

有間温泉において温泉テーマパーク「湯ったりぞーとARIMA」を運営する企業。有電が戦前に直営施設として開業した「電鐵之湯」がルーツであり、数度の増改築を経て2005年に現在の営業形態となった。有間温泉の金湯、銀湯、さらに人工の炭酸湯を大浴場、露天風呂、岩盤浴など様々な形で堪能できることや、他の高級旅館と比べて安く入浴・宿泊ができることから一定の人気がある。

 

北摂有間ドライビングスクール株式会社

モータリゼーションの進展により1970年に株式会社有電自動車学校が設立、有電・国鉄三田駅の近くに「有電三田自動車学校」を開校した。1990年代からは民間運動施設「有電スポーツクラブ」、2000年代からは民間学童保育施設「有電キッズクラブ」を自動車学校周辺に設けて運営していたが、これらの事業は2013年に設立された有電ライフスタイル株式会社へと移管された。三田校及び1990年開校の山口校では普通四輪、普通二輪免許のみを取り扱っていたが、2012年に新築移転した三田校では大型・中型・二種など全車種教習を取り扱うようになった。

 

有電ライフスタイル株式会社

北摂有間ドライビングスクール株式会社から分割された児童保育事業及びスポーツクラブ事業を承継し、最近では介護事業も行っている企業。有電の駅から近い場所に民間児童保育施設、会員制のフィットネスクラブ、少し離れた閑静な場所に有料介護付き老人ホームを展開している。

 

株式会社有電不動産

有電沿線にある不動産の仲介と新築戸建の分譲を事業の中心としているが、オフィスビルやマンションの管理、駐車場経営などの事業も展開している。

 

丹有建設株式会社

有間市を中心に総合建設業を営む会社である。

 

有電システムマネジメント株式会社

OA機器の販売、ITソリューションなどの各種事業を展開している。