設定解説

有間電鉄の世界に関する各種設定を記しています。随時追加予定。


鉄道・バス事業者編

神戸電鉄・神鉄バス

神戸への延伸を拒んだ有間電気軌道(当時)から脱退した延伸派メンバーと、有間~神戸間の鉄道を熱望する勢力が合流して設立した鉄道会社。難工事を乗り越え1930年に湊川駅~有間駅間を開業した。

設立経緯が「喧嘩別れ」であったことはもちろん、業務提携先が異なる(有電&阪神、神鉄&阪急)ことから有電との関係は薄かった。しかし阪急阪神ホールディングスの誕生後は徐々に関係が軟化、同じ有間温泉にアクセスする鉄道として企画乗車券の発売など多数のタイアップ企画を行っている。

現実と異なり三田線ならびに公園都市線は存在しない。また、湊川駅から地下線で高速神戸駅に直行し、阪神・阪急・山陽の3社と連絡している。したがって神戸側の起点駅は高速神戸駅である。

バス事業(神鉄バス)については、一般路線の多くが阪急バスに移管されるなど概ね史実どおりとなる。

 

北神急行電鉄

史実では神戸電鉄有馬線・三田線の沿線地域から神戸市中心部への短絡ルートとして建設されるが、有間温泉で線路及び会社が分断されているため未成線(実現しなかった路線)として扱う。

 

阪神電気鉄道

六甲山と有間温泉の包括的な観光開発及びその振興を目的に、有間電鉄との資本提携を結んでいる。

2000年に阪神と有電の共同出資で設立された六甲山有間観光(株)は、有間・六甲・神戸を繋ぐ交通路を「六甲有間アルペンルート」と命名し、各地に点在するレジャー施設ともども一体運営を行っている。
有間電鉄の在る世界において、阪神電気鉄道は有間電鉄本体の株式の1割を保有している設定である。

 

阪急バス

有間を発着地とするバス路線を巡って阪急バスと有間電鉄の競願となることが度々あり、共同運行もしくはどちらかの認可申請を取り下げるなど、それなりに攻防が繰り広げる間柄である。

  • 阪急バス西宮山口線:西宮北道路ともども存在しない。
  • 阪急バス芦屋有馬線:有電バス芦有線として有間市街と阪神地区を結ぶ基幹路線となっている。
  • 阪急バス三宮有馬線:有電バス三宮有間線だが、神姫バスとの共同運行を行っている。以前は神鉄バスも共同運行に加わっていたが、2002年に同担当便は有電バスへ移管された。
  • 有馬急行線:運行開始当初は阪急バスと有電バスの共同運行路線であったが、1990年代に阪急バスが撤退したため現在は有電バスの単独運行となっている。観光仕様の車両を用いて高速道路を走行するが、運行距離が50km以下のため高速バスではなく一般路線バスである。

神姫バス

主に有間市北西部を営業エリアとし、近接する神戸市・三木市・篠山市に直通する路線を運行する。北摂有間ニュータウンの位置する有間市南東部を営業エリアとする有電バスとは棲み分けがなされている。

 

名所編

有間温泉
兵庫県有間市(旧摂津国)にある温泉。日本三古湯や枕草子の三名泉に数えられ、江戸時代の温泉番付では当時の最高位である西大関に格付けされるなど、名実ともに日本を代表する名泉のひとつである。全国各地からはもちろん、関西の奥座敷として休日には京阪神からも多くの観光客が訪れる。湧出場所により泉質が異なり、湧き出た時点では透明で空気に触れると褐色に変化する「金湯」と、それ以外の「銀湯」が有名である。近年の放射性同位体分析によって、金湯の起源が瀬戸内海ではなく太平洋の海水(南海トラフ付近)であることが解明された。泉源によって成分が若干異なるため、効能にも差異がある。

温泉の発見から、繁栄と衰退を繰り返した有間の歴史を物語る伝承として「有間の三羽烏」と「三恩人」がある。有間温泉と三田を結ぶ有間電鉄の社紋は温泉の湯気を表す三つの波形を六本(三羽烏+三恩人)のレールで囲んでいるが、これは伝承を取り入れた意匠と言える。

 

有間の三羽烏

大己貴命と少彦名命が有間に降臨されたとき、三羽の傷ついた烏が水たまりで水浴していた。数日で烏の傷が治ったので不思議に思った二神が調べると、この水たまりが効能高い温泉であることが分かった。
これが、有間温泉が世に知られるようになった始まりである。

 

三恩人

行基上人

衰えていた有間温泉に温泉寺、蘭若院、施薬院、菩提院の一寺三院を建立した。都から貴族がはるばる訪れるまでに復興させたのみならず、湯浴みの習慣を民衆に教えたとも言われる。

 

仁西上人

土石流によって荒廃した有間を訪れ、薬師如来を守護する十二神将になぞらえて十二の坊舎を建設した。有間の旅館に「坊」の字がつく名が多いのは、その存在を物語るものである。

 

豊臣秀吉

戦火や自然災害で荒廃した有間を、泉源の改修や治水対策など手厚い保護や援助を通して復興した。有間の湯をこよなく愛した秀吉は、観光地としての有間の原型を作った存在である。

 


大正時代には初めての鉄道として有間電気鉄道が、昭和に入ってまもなく神戸有間電気鉄道が開業する。鉄道やバスなど交通の充実は有間を「関西の奥座敷」に位置づける契機となり、戦後の高度経済成長期には自家用車や観光バスでやって来る観光客に対応する大型旅館が次々と建てられた。しかし狭隘な温泉街の道路を自動車と歩行者が慌ただしく行き来する光景は決して安全とは言い難く、遂には自動車が観光客に衝突する痛ましい事故が発生した。逮捕された運転手が酒気を帯びていたことも合わせて大きな問題とされ、有間温泉観光組合が自治体や県警と協議を重ねた結果、観光客の安全性と回遊性を向上する観点から温泉街への自動車乗り入れを禁止した(緊急車両、宿泊施設の送迎車など許可車両のみ通行可)。
有間温泉より手前の新有間駅前(神戸電鉄)、上山口駅前(有間電鉄)、有間東口(芦有道路有間ゲート)に設けられた指定駐車場から、温泉街循環バスもしくは鉄道に乗り換えて行く「パークアンドライド方式」を採用し、自動車の温泉街乗り入れを極力なくした。